医者

眼瞼下垂は名医が解決|優秀な医師に頼む

目元をすっきりするために

中年の女性

最適な治療法を知る

目元の衰えは、実年齢以上の老けた印象を他人に与えます。常に若くいたいと考えているなら、老け顔の原因となる部分を早急に取り除く必要があります。目の下のたるみの解消には、脱脂術という手術方法が効果的です。このやり方では、下まぶたの皮膚を切開して目元の余分な脂肪を除去します。この手術をしたあとは、余分な目の下のたるみが消えて目元がすっきりとした印象になります。他の方法を試してみて効果が限定的だった方でも、この施術ならはっきりとした結果が出せるはずです。美容整形で治療をすることで、その状態を長く保つことができるメリットがあります。短期間だけの治療効果や、限定的な結果では満足できないという場合は、こういった方法で綺麗に治すことをすすめます。

気をつけたいダウンタイム

目の周辺は、顔の中でも特に皮膚の薄い場所となっています。そのため晴れや赤みが出ると、他の部分よりも目立つことが予想されます。目の下のたるみを手術した場合、抜糸などもあるのでその分術後のダウンタイムの時間が長引くことが考えられます。抜糸は通常一週間後におこないますが、その期間まで腫れや赤みが残っても慌てないことが必要です。ダウンタイムについては、目の下のたるみを手術する前に担当医師から説明を受けることになるはずです。その時に平均的な症状やダウンタイムの期間について、詳しく教えてもらうことができます。クリニックでのカウンセリングは、患者の不安を取り除く目的で設けられています。わからないことや不安なことがある場合は、この時に徹底して確認しておくと安心です。